2015年07月09日

ベッドパッドの取り扱いを開始しました!

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 電脳関連担当 山本と申します。


こちらのエントリーにも書かせていただいたのですが…↓

「スーパーホテル仕様の低反発マットレスの販売を開始しました!」
http://sckole.seesaa.net/article/417030247.html


湿気や水分は低反発マットレスの大敵で、湿気などによる劣化を防ぐためにはベッドパッドが効果的です。

もちろんホテルでも低反発マットレスの上にベッドパッドを敷き、その上からフラットシーツをかけています。


低反発マットレスをご購入いただく方に、マットレスを長持ちさせるために是非ベッドパッドをお使いいただきたいと思っていたのですが…


ようやく、ベッドパッドを取り扱うことができるようになりました。

現在は低反発マットレスのオプションの形でお譲りしていますが、間もなく単品でのお届けも可能になります。


そもそも「ベッドパッドって何?」って話かもしれませんが…

ベッドパッドとは、マットレスの上に敷く厚さ1cm程のパッドになります。

低反発にかぎらず、マットレスは基本的に洗えないものがほとんどですので、清潔な睡眠環境を保つためにベッドパッドを1枚敷いて汗や水分を吸収させ、定期的に丸洗いするというのがマットレスを長持ちさせるコツです。

Googleなどで「ベッドパッド」で画像検索していただくとどんなものかおわかりいただけるかと存じます。

「ベッドパッド」で画像検索した結果


中には冷感素材を使ってこれからの季節を快適に眠れるように、といった製品もありますが…

当店取り扱いのベッドパッドは、例によってスーパーホテル仕様の1年中使える業務用製品、もちろん丸洗い可能です。


せっかく心地よい低反発マットレスをお求めなら、それを長持ちさせるベッドパッド、ご一緒にいかがでしょうか。

【数量限定】スーパーホテル仕様 低反発マットレス シングルサイズ
http://sckole.com/?pid=87364409
スーパーホテル仕様 低反発マットレス ダブルサイズ
http://sckole.com/?pid=88259974

↑商品ページにてベッドパッド付きオプションを選択していただけます。



========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/

スイミング用品専門ショップ
https://sckolesports.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 12:23| 大阪 ☔| Comment(0) | 事業内容(寝具関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

ミックスコルマビーズの流動性

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 電脳関連担当 山本と申します。


6月もあっという間に終わり、もう7月になってしまいました。

早いものです…


最近、ハニカムコルマ枕をはじめとした商品の頻繁な欠品により、皆様には大変ご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございません。

http://sckole.com/?pid=69667492
ハニカムコルマ枕.JPG

弊社の枕はすべて手作業でお作りしているため、1日に生産できる数量がかなり限られています。

IMG_1713.JPG

IMG_1779.JPG

ホテル向けの枕も同じ工場でお作りしているため、かなり余裕を持って発注しても、商品の入荷が間に合わないケースが発生してしまうのです…






さて、本日はそのハニカムコルマ枕の中材、「ミックスコルマビーズ」の「流動性」に関するお話

IMG_1861.JPG

↑コレが、ハニカムコルマ枕の中に入っているコルマビーズです。

ご覧頂いた通り、何種類かのビーズが混ざった状態で枕に入っています。


この、サイズの違うビーズを混ぜて枕に入れるという作業、かなり大変です。

それぞれのビーズは重さが異なるため、混ぜた状態で箱の中に入れていても、移動などの振動でだんだん中身が分離してしまい、軽いビーズは上の方へ、重いビーズは下の方へ移動してしまいます。

そうやって分離してしまったミックスコルマビーズは、都度都度かき回してから枕に詰めてあげないと、枕に入るビーズの種類に偏りが生じてしまいます。


ビーズの種類とその割合はかなり厳密に決められているので、「しっかり混ぜてから枕に充填する」という作業はとても手間がかかるのです。



では、なぜその割合が厳密に決められているのか?


弊社の商品にかぎらず、コルマビーズを中材とした枕は世の中に結構出回っています。

通気性がよく、耐久性の高いコルマビーズを使った枕はそれだけで人気の高い商品です。


ただ、単一のコルマビーズを詰めた枕には2つの大きな欠点があります。



1つは、ビーズの摩擦音が大きいこと。


パイプ枕やそば殻枕、ビーズ枕などを使ったことのある方はご存知かと思います。

比較的硬いものを中材とした枕は、動かすとガサガサという摩擦音がします。

寝返りを打ったときにも結構音がするので、それを苦手にされている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。


もう1つは、ビーズが枕の中で動かないこと。


わりと硬いビーズを詰めた枕は、隙間なく枕の中を埋めてしまうので、ちょうど「石垣」のようにがっちりとそれぞれが噛み合ってしまい、枕に頭を乗せてもあまり形が変わらないのです。




その2つの欠点を解決するために、サイズも硬さも違うコルマビーズを一定の割合で混合しているんです。


詳しいことは秘密なんですが、ある割合で混ぜると、摩擦音が限りなく小さく、中材の動きが良すぎず悪すぎず、ちょうどういい按配になってくれます。


この配合率を編み出すまでには試行錯誤の連続だったそうです…


ちなみに、ミックスコルマビーズを使ったこのハニカムコルマ枕、ある程度の力を加えると形が変わるのですが、僅かな力では形が変わらないようになっています。

この現象は、「ダイラタンシー」という現象によく似ているそうです。

僅かな圧力では個体のような反応を示すが、圧力を増加させると液体のような反応を示す…


ちょうど、かための水溶き片栗粉のような状態、とか。


難しいことはよくわかりませんが、「ミックスコルマビーズ」の最大の特徴は、単に動きがよくて枕がやわらかくなる、ということだけではないのです。

頭の形にぴったりフィットする程度にやわらかいのに、しっかりと頭をホールドしてくれる程度のかたさがある。

これが、ほかの素材にはないミックスコルマビーズだけの特徴です。


頭をホールドしてくれないと、頭を乗せたときに安定しないんですよね。

寝ていても疲れてしまいます……


さて、今回も長くなってしまいましたが、これがハニカムコルマ枕の最大の特徴。

ぴったりフィットでしっかりホールド、ぐっすり睡眠・寝覚めすっきり!をもたらす唯一無二の枕の秘密なのでした。



========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/

スイミング用品専門ショップ
https://sckolesports.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 22:52| 大阪 ☁| Comment(0) | 事業内容(寝具関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

ハニカムコルマ枕(大)/コルマ枕(大)用カバー欠品のお知らせ

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 電脳関連担当 山本と申します。


掲題の通り、枕カバーの入荷日が未定となっております。

ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。


入荷し次第、ご購入頂いた皆様方への発送を行います。

また、twitterアカウント @sckole_net にて状況をご報告する予定です。

https://twitter.com/sckole_net



今後とも弊社ショップをよろしくお願い致します。

========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/

スイミング用品専門ショップ
https://sckolesports.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 20:25| 大阪 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

スーパーホテル仕様の低反発マットレスの販売を開始しました!

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 電脳関連担当 山本と申します。


更新間隔が大きくあいてしまいました。

よくないですね…

さて、掲題の通りスーパーホテル仕様の低反発マットレスのインターネットショップでの取り扱いを始めました。

【数量限定】スーパーホテル仕様低反発マットレス シングルサイズ 4.5cm厚
http://sckole.com/?pid=87364409

【数量限定】スーパーホテル仕様低反発マットレス ダブルサイズ 4.5cm厚
http://sckole.com/?pid=88259974


低反発素材って気持ちいいですよね。

体圧が分散されるので、特に横向きにおやすみになる方にはすごくいいんじゃないかと。



さて、枕の寿命のエントリ(http://sckole.seesaa.net/article/410033013.html)にも書きましたが、低反発素材の欠点はズバリ、その耐久性の低さです。

スーパーホテル仕様低反発マットレスをご購入頂いたお客様から、twitter経由で「低反発素材を長持ちさせるためにはどうしたらいいですか?」というご質問をいただきましたので、今回はそれについて書きます。



低反発素材の最大の特徴は、圧力と熱で変化しやすく、またその変化からもとに戻るスピードが圧倒的に遅い(=反発力が低い、復元力が弱い)ことにあります。

この最大の特徴、つまりふわっとした包み込まれるような感触を生む反発力の弱さ、復元力の弱さが、同時に最大の弱点ともなってしまうわけです。


長時間、身体による熱と圧力で変化を強いられた低反発素材はゆっくりと元の姿を取り戻そうとしますが、いかんせんその力は弱く、再び強い圧力と体温にさらされてしまいます。


特に、全体重の約44%の圧力が集中すると言われる腰の部分が、その影響を最も受けてしまいます。

つまり、腰の部分が一番ヘタりやすい。



素材にかかる圧力にばらつきがあり、最も強く圧力がかかる場所が最も大きなダメージを受ける。

ということは、最も強く圧力がかかる場所を都度変えてあげればダメージは分散されます。


それで、特に低反発マットレスについては上下、裏表のローテーション(上下、裏表に180度回転させること)が推奨されるんですね。


では、どの程度の頻度でローテーションさせればいいか?

それは、ダメージをどうやって分散するかという質問の裏返しですね。

寝るたびにローテーションする、というのもアリだと思います。


ただ、一般家庭では現実的ではないでしょう。

だとすれば…


後述しますが、低反発マットレスは適度に陰干しする必要があります。

ローテーションはその際に意識的にする程度でもよいのではないでしょうか。

少なくとも、全くローテーションしないよりは長持ちするはずです。



さて、低反発素材の弱点、次は「直射日光に弱い」こと。

低反発素材は、直射日光に当たると「紫外線劣化」という現象を起こします。

単純に言うと、紫外線に当たることによって分解されてしまうんです。


長時間紫外線に晒すことにより徐々に変色(黄変)し、次第に低反発独特のあのもちもちした感触が失われていきます。

最終的にはボロボロと崩れていきます。


寝具ってなんとなく天日に干したくなってしまいますが、低反発素材に関しては絶対にダメ!です。

風通しのよい日陰に干しましょう。



最後に、低反発素材は「湿気」、水分に弱いのです。


低反発素材は、水と接していると加水分解(水分に反応して分解・劣化してしまうこと)します。

厳密に言うと空気中の水蒸気にすら反応してしまうのですが、接する水の量が「丸洗い」や「一晩の睡眠による発汗」など多くなればなるほど、その劣化度合いは高まります。

さらに、低反発素材は通気性・放湿性がよくないため、一度濡れてしまうとなかなか乾きません。


加水分解をできるだけ抑えるためには、可能な限り低反発素材を湿気(水分)に触れさせないこと。

そのためには、こまめに風通しの良い場所で陰干しし、吸収してしまった汗などの水分を取り除く必要があります。


これも、すればするほど加水分解を抑えることができますので、寝て起きたらマットレスを立てて陰干しするのが望ましいのですが、やっぱり現実的ではありません。

やはり、お休みの日のたびに(週一回程度)陰干ししてあげるぐらいがちょうどよいのではないでしょうか。


実は、加水分解を抑える方法がもう一つあります。

その方法は、あのもちもちした低反発独特の感触を少しだけ弱めてしまうのですが…


乾かすのが難しいのであれば、初めから濡らさなければいい。


…ということで、「通気性・放湿性の良いベッドパッドを使う」ことです。

完全に防ぐことは困難ですが、ベッドパッドを使うことにより、寝ている間にかく200〜500mlとも言われる量の汗を少しでも低反発素材に触れさせないようにすることができます。

ベッドパッドであれば水洗いも可能ですし、直接低反発素材に触れないので衛生的でもあります。


実際に低反発マットレスを使用しているホテルの多くはベッドパッドを使用しています。

空調管理がしっかりしていたり、空気が乾燥しやすいというのもありますが、ホテルの低反発マットレスが長持ちする理由の一つは「ベッドパッドを使っているから」なんですね。


弊社ショップでも、近日中に各サイズのベッドパッドを取り扱う予定です。



さて、今回も長くなってしまいました。

このあたりでまとめましょう。


低反発マットレスを長持ちさせるためには…

●ベッドパッドを使いましょう。

●目覚めたら、できるだけ低反発マットレスが空気に触れるようにしましょう(無理のない範囲で…)。

●直射日光に長時間晒されることがないようにしましょう(窓際に注意!)。

●週に1回ぐらいは風通しのいい場所に低反発マットレスを立て、陰干ししましょう。

●陰干しの後はマットレスをうまく上下・裏表ローテーションさせて敷きましょう。


長ーーくご愛用いただけますと幸いです。



今後とも弊社ショップをよろしくお願い致します。

========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/

スイミング用品専門ショップ
https://sckolesports.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 17:17| 大阪 ☁| Comment(0) | 事業内容(寝具関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

新しいインターネットショップを開設しました!

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 電脳関連担当 山本と申します。

ついに…ついに…

念願だった新しいインターネットショップを開設致しました!


ホテル向けの寝具やアメニティのショップは以前からあったんですが…
(お陰様で本格的なスタートからようやく1年が経過しました)


弊社はもともとスポーツクラブ(スイミングスクール)向けの物販、コーチ派遣、コンサルティングから始まった企業でした。
『大転換期…』
http://sckole.seesaa.net/category/23117265-1.html

今はホテル向け事業が主幹事業になっているので、以前ほどのビジネス規模はありませんが、それでも長く長く弊社とお付き合い頂いているお客様のおかげで、弊社のスポーツクラブ様向けの事業はノウハウを絶やすことなく持ち続けています。

いつかこのノウハウを活かし、一般のお客様向けのショップを開設したいと思っていたのですが…


ついに、念願叶ってオープンすることができました!

SckoleSports 〜スポーツクラブ向け事業のノウハウをもとに厳選したスポーツ用品を販売
https://sckolesports.stores.jp/

sckolesports.png


プラットフォームはホテル用品ショップでもお世話になっている"STORES.jp"さん。

先頃、あの楽天やyahoo!の店舗数をはるかに凌ぐ20万店を突破し、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのネットショップ運営サービスです。

その魅力は初期コストがかからないこと!

決済方法もあらかじめクレジットカード決済やコンビニ決済が用意されており、いとも簡単にネットショップを解説することができます。

維持費用もかからず、かかるコストは決済手数料のみ!

商品ページの表現がかなり限られるので、そこがネックになるかもしれませんが、逆にあまり凝ったことができないので、時間をかけずシンプルなショップ作りが可能です。

大手サイトでの商品掲載オプション(販売手数料以外無料!)もあり、個人的にはかなりおススメのサービスです。



と、少し話がそれてしまいましたが…

今はまだ取扱商品も少なく、細々とやっている感が否めませんが、今後はダイビング用品等も扱っていこうと考えています。


実は、弊社には創業当時から在籍している元スポーツクラブインストラクターがいまして。

何軒ものスポーツクラブ様向けコンサルティング事業や直営クラブ運営事業を大きく展開していた頃に第一線で動いていた社員なので、スポーツ関係の知識や経験も豊富です。

そんなスペシャリストが厳選した商品をこれから上記ショップにて販売してまいります。


こんな商品を扱ってほしい!というご要望やどんなものを選んだらいいかわからない!という疑問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム
https://sckolesports.stores.jp/#!/inquiry

電話:06-6541-5060 担当:山本


今後とも弊社ショップをよろしくお願い致します。

========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/

スイミング用品専門ショップ
https://sckolesports.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 10:57| 大阪 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする