2016年03月23日

ぐっすり眠れる「重炭酸温浴法」(要約版)

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 山本と申します。


3連休を利用して、我が故郷・山口県に帰っていました。

普段私の住む神戸には、春の訪れはまだもう少し先…といった感じですが、山口には一足早く春が来ているようでした。

C360_2016-03-19-16-02-57-276.jpg

C360_2016-03-19-16-01-52-078.jpg

桜の蕾も綻びはじめ、鶯も鳴き…ヒノキ花粉も飛び回る!

花粉症の皆様には受難の季節がやってまいりました…



さて。

前回の記事に「長すぎる!」「もっと簡潔に」というご指摘を多数いただきましたので…

今回の記事は、前回の記事の要約版です。



最近知った「お風呂の入り方」に「重炭酸温浴法」というものがあります。

これが、「ぐっすり眠れる」という効果がありまして、「眠らない男」私やまもともハマりまくっています!


深くぐっすり眠り、すっきり目覚めるためには

 1.副交感神経を高め、交感神経を鎮める

 2.体温をしっかりと上げ、ゆっくりと下げていく

 3.血流を良くする


ことが重要です。


この3つを実践することで、

 1.よりリラックスした眠りに適した状態を作り、

 2.深ーく眠るための準備をし、

 3.朝、すっきり目覚められる身体にする

ことができます。


この3つを一発で満たしてくれるのが「重炭酸温浴法」なんです。


では、「重炭酸温浴法」とはどんな方法なのか?

これはいたってシンプル!

以下の3つのステップを実行するだけです。



A.お風呂に37℃から39℃のぬるめのお湯を張る

B.お風呂の湯に重炭酸入浴剤を入れる

C.15分以上お湯につかる




A.お風呂に37℃から39℃のぬるめのお湯を張る

確かに熱いお湯につかるのはとても気持ちのいいものです。

ですが、42℃以上のお湯につかるのは眠りにはあまり良くなく、身体には返って負担をかけてしまいかねません。

熱いお湯は交感神経を高めてしまい、興奮状態を作ります。

また、熱いお湯につかることによって身体に「驚がく反応」という反応が起こり、末梢の血管が収縮して血圧が上昇してしまいます。

逆に、ぬるめのお湯につかることで副交感神経が高まり、心身ともにリラックスすることができるのです。


B.お風呂の湯に重炭酸入浴剤を入れる

ドイツの炭酸泉や大分の長湯温泉などの「重炭酸湯」につかることは、真水湯につかることに比べて血流を高める効果に大きな差があります。

それを示したのが下のグラフ。

重炭酸湯の血流促進効果.png

重炭酸イオンが肌に浸透して血管中に入ることによって血管を拡張し、血流を上げてくれます。

その結果、血圧が下がる上に体内の水分の循環が良くなり、また体温も上昇します。

「温める」などの外的要因によって体温を上げるのと違い、身体の中から身体を温めるので「湯冷めしにくい」という効果もあります。

天然の炭酸泉にはこういった効果があるんですね。


この天然の炭酸泉により近い状態を作り出すのが「重炭酸入浴剤」。





数ある炭酸系入浴剤の中でも、「薬用ホットタブ重炭酸湯」は別格。

いくつかの特許を取得しており、「24時間経過しても、追い焚きしても効果が持続」「重炭酸イオン濃度が高い」入浴剤です。


C.15分以上お湯につかる

重炭酸湯につかれば血流が上がるといっても、その効果がつかってすぐに得られるわけではありません。

先程のグラフを見ると、入浴から10分後に血流が上昇しているのがわかります。

重炭酸イオンが入った血液をしっかり身体に循環させるためには、15分以上お湯につかる必要があります。


たったこれだけ!

ぽかぽかと体があたたまり、心身ともにリラックスした状態ができあがったら、あとはそれを持続したまま快適に眠れる体温になるまで待ち(1〜2時間程度)、お布団に入れば、より上質な眠りとすっきりした目覚めを得ることができます。


忙しい最中に温泉地に行ってゆっくりするなんて夢のまた夢。

わずかこれだけの方法で、より上質な眠りとすっきりした目覚めを得られるなら…

「薬用ホットタブ重炭酸湯」はお試し2回分で1,000円ちょっとのものもあるようです。

1回500円ぐらいなら、試してみてもいいかもしれませんね。






========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 10:31| 大阪 ☀| Comment(0) | 睡眠研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

今よりもぐっすり眠り、すっきり目覚めるスゴい方法

ご覧頂きありがとうございます。
万年睡眠不足の元システムエンジニア、株式会社スコーレ 山本と申します。



突然ですが、システムエンジニアという職業…どんなイメージでしょうか。

以前、ITバブルと言われた時代以前は、まだ「クリエイティブでクールなお仕事」というイメージがあったんじゃないでしょうか。


ところが…

_shared_img_thumb_GREEN_TA20140125_TP_V.jpg

今では、こんな↑イメージになっちゃってます。

某転職サイトで使われて有名になった「たまには定時で帰りたい」な画像です。



365日そんな感じというわけでもないんですが、まあそういう時期が他の職業に比べて圧倒的に多いような気はしています。


そう、元システムエンジニア・やまもとも、以前はそんな感じ(=定時?23時だよね)でした。

22時に職場を出るとなんだか早退した気分になったり。

夏場、まだ明るい18時頃に退社するようなことがあったら、「早く帰る」ということに対する罪悪感のあまりつい飲みに行ってしまい、結局帰宅が終電になったり。

「26時退社」「9時出社」なんてのが続き、通勤の半分をタクシー利用が占めるようになって「こりゃ定期買うより回数券の方がおトクやねっっははっっ」という乾いた会話が職場で普通に交わされたり。

「30時退社」って言われて計算するまでもなく「あぁ、6時ね」って理解できたり。

メールの送受信の時間をみた同僚から「やまもとさん、いつ寝てるんですか?」と言われ、果ては「ナポレオン」というアダ名を頂戴したり。


まぁ、なかなか壮絶な日々があったりなかったりします。


なので、眠る時は人一倍深く、できるだけ深ーく眠りたい!という想いが強かったりします。

スコーレに転職して、ホテル向けの寝具等を扱ったりするようになってから、最も興味を惹かれたのは「ぐっすり眠る方法」という分野なんです。

だから、アロマに興味を持ったりしてこんな記事↓を書いたりするんですね。

『アロマ(精油)の効果』株式会社スコーレ公式ブログ
http://sckole.seesaa.net/article/426316523.html



さて、そんなやまもとが…ついに発見しました。

普段の睡眠をより深く、より上質にする方法を。

しかも、普段の生活で何気なくしている当たり前の習慣を少し変えることでできる、手軽な方法。







それが、「重炭酸温浴法」です。












  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄










あ、(゚д゚)な感じになっちゃいました?


確かに、あんまり耳にしない言葉です。



では、ご説明しますね。


より深く眠り、よりすっきり目覚めるために必要なのは、

1.副交感神経を高め、交感神経を鎮める

2.体温をしっかりと上げ、ゆっくりと下げていく

3.血流を良くする


ことです。


1.副交感神経を高め、交感神経を鎮める

簡単に言うと、交感神経が高まると興奮状態になり、副交感神経が高まるとリラックス状態になります。

睡眠に適しているのはもちろん、副交感神経優位の状態です。

PCのモニタやスマートフォン、テレビなどを眺めていると交感神経が高まります。

不規則な生活や過度のストレスも交感神経優位の状態を維持しがちです。

なんらかの方法で(自然な方法であれば2〜3時間リラックス状態で何もしない)、副交感神経優位の状態にしてあげることで、より入眠しやすく、深い上質な眠りを得ることができます。


2.体温を上げ、ゆっくりと下げていく

人間は誰でも、眠るときに体温が下がります。

体温を下げていくなかで身体本来の疲れがあらわれ、睡眠の準備が整います。

このタイミングで眠るのがベスト。

睡眠前と睡眠中の体温差が大きいほどより深い眠りになるため、逆に言うと低体温の状態では深い眠りを得ることはできないということになります。


3.血流を良くする

朝、目覚めがすっきりしない理由の一つは、血流が悪く体内の水分の循環が滞っているから 。

水分の循環が滞るのは浮腫(むくみ)の原因でもあります。



そして…

この3つの必要条件を"一発で満たす"のが、「重炭酸温浴法」なんです。



「重炭酸温浴法」というとなんだか小難しそうな、面倒くさそうな気がしますが、そんなことはありません。

やり方はいたってシンプル、以下の3つのステップを実行するだけです。


A.お風呂に37℃から39℃のぬるめのお湯を張る

B.お風呂の湯に重炭酸入浴剤を入れる

C.15分以上お湯につかる


たったこれだけです!



A.お風呂に37℃から39℃のぬるめのお湯を張る

熱いお湯につかった方があったまるんじゃないの?とお思いかもしれませんが、42℃以上のお風呂につかるのはかえってよくないかもしれません。

まず、42℃のお湯につかることで交感神経が刺激されてしまい、興奮状態になってしまいます。

ぐっすり寝るどころじゃありません。

また、人間の身体が42℃以上のお湯に触れることでびっくりしてしまい、末梢の血管が収縮してしまって血圧が急上昇します(「驚がく反応」と言われています)。

血圧が急上昇すると、脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすい状況になりますし、血管の収縮によって体温が上がりにくい状態になってしまいます。


さらに、上昇した血圧がある程度ピークを過ぎると今度は急激に下降します。

血圧が急に下がることで脳に血液が充分に送られなくなり(頭がボーッとして心地良くもあるんですが)、意識障害を起こし意識を失う可能性もあります。


お風呂で意識を失ったら…

最悪の場合、お湯が肺に入ってショック死しかねません。



逆に、温めのお湯につかることで副交感神経が高まり、リラックス状態になります。



B.お風呂の湯に重炭酸入浴剤を入れる

重炭酸湯の効果は抜群です。

炭酸ガスが水に溶けることで重炭酸イオンと水素に乖離します。

この重炭酸イオンが肌に浸透し、血管中に入ることによって血管を拡張し、血流を上げてくれます。

血流の上昇によって体温も上がりますし、老廃物を浄化(=生体恒常機能)してくれるので疲労回復にもつながります。

重炭酸湯の血流促進効果.png

真水湯と重炭酸湯とを比較したグラフを見ると一目瞭然です。


血管の拡張によって血圧負荷も減りますので、心臓などへの負担がかかりにくくなります。

その効果はドイツのバード・ナウハイム等の炭酸泉や日本の長湯温泉でも古くから知られているところです。


こういった効果をもつ重炭酸湯を家庭で簡単に再現してくれるのが、↓の「薬用ホットタブ重炭酸湯」です。





重炭酸イオン入浴剤の基本製造法特許(特許第5017516号)も取得しており、また「入浴効果の高い、入浴剤等の錠剤の製造方法及び錠剤の提供」という特許(特開2013-245218号)も登録済みです。



C.15分以上お湯につかる

先程のグラフ

重炭酸湯の血流促進効果.png

を見ると、入浴から10分後に血流が上昇しているのが見て取れます。

15分以上入浴することで重炭酸イオンが身体に行き渡り、血流がしっかり上がってリラックスした状態を作ります。



入浴後、1〜2時間程度で徐々に体温が下がり、快適に眠れる状態ができあがります。



たったこれだけで、より上質な眠りとすっきりした目覚めを得ることができるんです!


実際にたった1ヶ月で、無呼吸症候群で熟睡できなかった男性の熟睡度を変化させることができたというデータもあるようです。

睡眠障がい者の重炭酸温浴法実行前後の熟睡度効果.png
※[エプソンパルセンス](EPSON PULSENSE)腕時計 脈拍計測機能付活動量計 PS-500Bで測定


そして、重炭酸温浴法の効果は「ぐっすり&すっきり」だけにとどまりません。


・体温上昇による免疫力アップ

・保湿成分を残したまま皮膚や頭皮の角質を洗浄

・血流の上昇により疲労回復、肩こり・冷え性改善

・カルキ(残留塩素)を取り除き敏感肌でも安心

・毛穴の老廃物除去でニオイやくすみを改善


などなど、さまざまな健康上の問題や悩みを解消してくれます。



15分以上の入浴というと、忙しい方にはなかなか難しいところですが、これがまた100均などで売られている防水ケースに入れたスマートフォンをお風呂に持ち込めばあっという間!

(本当は睡眠前に画面を眺めるのは交感神経を刺激するのでよくないのですが…)


足湯(37℃から39℃のお湯に15分以上膝下をつける)でも一定の効果はありますので、「とにかく時間がなくて毎日入浴は無理!」という方には足湯もオススメです。


なにより、入浴に時間を割くことで良質な睡眠をとることができ、なおかつ健康上の問題もクリアしてくれるのであれば、割く時間も惜しくはありません。


是非、一度試してみてください。






========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 17:55| 大阪 ☀| Comment(0) | 睡眠研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

アロマ(精油)の効果

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 山本と申します。


今朝、ふと目に入ったインターネットの記事に仰け反りました。


やまもとも、最初に見たときは普通にヒゲ剃りだと思いました。

フィリップスさんですし。


あれ?

そこもいっちゃうんですか?


あれ?そこって生えるんでしたっけ?


な、なんと!


そ、そっち?フィリップスの最新ガジェットが予想外
http://matome.naver.jp/odai/2144065025046056601

ずっとヒゲ剃りだと信じて疑ってなかったんですが、まさかの洗顔ブラシ…


恥ずかしながら、洗顔ブラシというものの存在を初めて知りました。

C360_2015-09-18-10-25-46-907.jpg

こんな鼻の持ち主ですので、やまもともそれなりに毛穴の黒ずみには悩んでいます。



こ、これは……

強烈に物欲が刺激されてしまいました。



ツルツルになりたひ……




弊社は「フライブルクファンゴ」という化粧品原料を取り扱っていますので、美容関係にも多少知見があったりします。

毛穴のこともいろいろ調べたことがあるんですが、毛穴の黒ずみ対策って難しいんですよねぇ。

洗顔料によっては合わないこともあったりして。


これならそんな悩みも解消されそうな気がします。



良質な睡眠のためには、ちいさな悩みでもできるだけなくしてしまうことが大事です。


ということで、本題。


最近、「ぐっすり眠る」「すっきり目覚める」という方向で書いているこちらのブログ。

ぐっすり眠るためには時間をかけてしっかりと(?)リラックスすること。

すっきり目覚めるためには脳を覚醒させ、体内の水分の循環/量を適正にすること。


ポイントはそこにあるんですが、これらを簡単な方法で一気に解決してくれるものがあります。






それが、アロマオイル。






やまもとも、詳しく知るまでは「アロマオイル?あぁ、いい香りのやつね」ぐらいのイメージだったんですが、アロマの凄いところは香りだけじゃないんですね。


確かに、アロマオイルを作るためには大量の植物原料が必要で(ローズのオイル10mlを作るために必要なバラはトラック1台分)、100%天然成分で作られたオイルの香りはとても良い気分にさせてくれます。


ただ、それだけじゃないんです!



アロマオイルの香り分子は鼻腔を通り、嗅細胞に届くと嗅覚受容器を刺激して、その香りの情報が電気信号となり、脳の中枢部へ送り込まれます。
嗅覚は視覚や聴覚、触覚などの他の感覚器とは違い、大脳新皮質を介さず、直接脳の中枢部である大脳辺縁系へ届くのが特徴。
大脳辺縁系は大脳古皮質とも呼ばれ、その働きはまだまだ完全に解明されていませんが、私たちの本能的な欲求や情動、記憶と結びついていることが分かっています(海馬→記憶、扁桃核→情動など)。
その大脳辺縁系が香りの情報を判断し、快・不快といった感情や過去の記憶などを呼びおこさせるのです。
また、自律神経系や内分泌系を支配する視床下部、下垂体に伝達され、それぞれの香りの成分に対応して神経科学伝達物質(ホルモン)が分泌されるといわれています。
香りを嗅ぐことは、感情や記憶、自律神経系や内分泌系、免疫系に作用し、心とカラダの各器官の機能に働きかけてくれます。




…なんてこむずかしいことを書いていますが。

シンプルに言うと、「アロマオイルは直接脳に届き、神経系などに作用する」ということです。


つまり、「リラックスしたい」というときにそれに合ったアロマオイルの香りを嗅げば、その香りは気分を変えてくれるだけではなく、神経に直接作用して興奮を鎮めてくれる、ということなんですね。



アロマオイルは、その種類ごとにさまざまな効能があります。

例えばコアラの主食であるユーカリの葉から作るアロマオイルには、気分をリフレッシュさせ、身体の免疫力を高める効果があります。

また、アロマテラピー考案のきっかけとなったラベンダーは、治癒力を高め不安を和らげてくれますし、最近では認知症への効果が期待できるとしてメディア等でも話題になりました。



これらの効能をうまく利用し、イライラや興奮を鎮め、心拍数を整えることによって、スムーズに眠りに導き、より深い睡眠をとることができますし、血行を促進したり体温を上昇させたりすることですっきりと目覚めることができるようになるんです。



質の良い睡眠をとるためにはいろいろなことをしなければなりませんが、「アロマオイルを活用する」というのもまた一つの手段です。

「快眠」や「目覚め」をテーマにしたブレンドオイルもたくさん市販されています。


活用してみてはどうでしょうか。


========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 22:36| 大阪 ☀| Comment(0) | 睡眠研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする