2018年03月07日

小林流、花粉症対策

みなさん、こんにちは!美容番長こと小林です!
いつの間にか2月はあっという間に過ぎ、季節は変わり気づいた頃には3月に突入しておりました。

ハックシュン!よくくしゃみが出るなぁ…。鼻もムズムズするなぁ…。ん?あぁ、そうか!3月だからか!

という感じで小林は毎年このようにして季節の移り変わりを感じてます。

そして美容番長としてこの季節には他にも厄介なことがありまして…。
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、そう!この季節、花粉で肌が荒れるのです!
いつものスキンケアが急に合わなくなり吹き出物が出たり、お肌がザラついたり…。
花粉は喉や鼻を痛めつけるだけではなく、肌までも傷つけていくのです!
春の陽気は心を包み込んでくれるような優しい暖かさなのに、どうして花粉は悪魔のように意地悪をするのでしょうか!(※小林の個人的な意見です)

と、毎年小林は嘆いているのですが、嘆いていても誰も助けてくれないので(泣)以前試した花粉対策をみなさんにご紹介したいと思います!

まずは…鼻水が止まらない時の対策です!

@鼻にティッシュまたは脱脂綿を詰めておく
 とても古風なやり方です。そして、王道ですね。慢性鼻炎も持っている小林はマスクの下にメンソール入りの脱脂綿を詰めていたことがありました。何度か深呼吸をすると鼻の通りが良くなります。しかし、欠点としてマスクをみんなの前で外せないということと、酸素の通りを遮られるので少々呼吸困難になりやすいです。また、マスクが鼻のあたりで隆起してるうえ常に鼻声だったので何度かバレたことがありました。
自宅ですることをオススメします。

Aマスクをする
 こちらも王道ですね。小林はどこからともなく菌をもらうことが多いので、インフルエンザの季節や花粉の季節は結構な頻度でマスクさんにはお世話になってます。無意識に顔を触ったりすることで感染に繋がるらしいので、マスクで防御しております。しかし欠点として、マスクは表情が見えないので相手に感情が伝わりにくい時があります。人間は視覚が8割と言われてるくらい、目で見る情報が優位となっております。また、マスクの間から花粉が侵入したり、マスクに花粉が付着したのに気づかず吸い込んでしまったりすることがあります。
しかしマスクは手軽に出来るのもあってオススメです。

Bお風呂に浸かる
 実は私は美容だけではなくお風呂も大好きです。半身浴と言いながら2時間くらい入ってしまうことも多々あります。そんな私が体験から気づいたことですが、身体の血流が良くなると鼻の通りが良くなり、お風呂の湯気で喉のイガイガが減ったり、汗をかくことで毛穴が整うことを発見しました!(既に知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが…)
私のように長時間お風呂に浸かる必要はないですが、カラダを温めると免疫力もアップするのでお風呂に浸かる時間を作ってあげるのは良いかと思います。
気分転換も出来るので結構おすすめです。

C鎖骨をさする
 私は以前テレビを観て知ったのですが、腕を胸の前でクロスして30秒ほど鎖骨をさすると…鼻の通りが良くなるのを知りました!

AI_IMG_7760_TP_V.jpg

イメージとしてはこんな感じです。

人間のカラダにはリンパ節は全身で600〜700箇所あります。
そして主要なリンパは8大リンパ節として存在してます。
中でも鎖骨リンパは、顔のむくみ・肩こり・首こりなどの問題を解消してくれるリンパ節です。
こういう話になると、だからか!となりますよね!
なので、気が向いたときにスリスリ…と優しくさすってあげてください。
小林的にオススメ度高めです。


結果として…@以外の対策はオススメってことです。(笑)
なので、みなさんも気が向いたら試してみてください。

そして花粉対策としてお肌バージョンも書こうと思ったのですが、思ったより鼻詰まり対策について語ってしまいました…。

お肌バージョンは次の機会に書くとします!


ありがとうございました!
小林でした!

========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレカ・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/
========================================
posted by 小林 at 15:42| 大阪 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

初登場!

どうも、はじめまして!
去年の12月から新しくスコーレに入社しました、小林です!
今までは山本がブログ担当だったのですが、小林にも書かせてやるよ〜。というお言葉を頂きましたので、僭越ながら小林もブログを担当することになりました!
新入社員っぽくフレッシュ感をだして頑張ります!(笑)

まず、はじめましてということで…自己紹介をしたいと思います。


名前:小林です。

年齢:元AKB48の前田敦子と同い年です。

血液型:O型

出身:兵庫県の田舎育ちです。塩が有名なところです!

趣味:美容&映画鑑賞が大好きです!
 自称美容オタクです。スコーレでは美容番長としてお客様に紹介する商品を試用したりして、女性目線でよりお客様が喜んでもらえる商品を探しております!
 映画が好き過ぎて前職では映画館スタッフとして働いてました。チケット販売から映写機まですべて担当してました。

好きな食べ物:肉
 焼肉、ステーキ、ローストビーフ…大好きですね!オススメな場所があったら教えて下さい。


くらいですかね?

小学生の頃は自己紹介文が流行ったのでその頃はよく書いてましたが、大人になってから書くのは久しぶりなので案外難しいですね…。

とにかくこれから少しずつブログをアップしたいと思いますので、どうか温かい目で見ていただけますよう、よろしくお願いします!

小林でした!


========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレカ・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/
========================================
posted by 小林 at 11:33| 大阪 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

ホテルとNHK受信料

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 山本と申します。


すっかり寒くなってきました。

お布団から出るのがつらい季節ですね。

薄手のコートを出そうかどうしようか迷いつつ、なんとなく面倒なので寒い日はマフラーをするようにしています…


さて、ニュースから数日を経てしまいましたが、

客室テレビ受信料支払い命令=NHK未契約のホテル会社に−東京地裁
http://jp.wsj.com/articles/JJ12524007465118133746520418587230091598803

 客室などにテレビを設置しているのに受信契約に応じていないとして、NHKが全国でビジネスホテル「ドーミーイン」を展開する共立メンテナンス(東京、東証1部)に、受信料の支払いなどを求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。永谷典雄裁判長は部屋ごとに受信契約に応じ、約6170万円を支払うよう命じた。

弊社もホテル向けの卸売を生業としていますので、ホテルの客室に設置されているテレビのNHK受信料については多少聞きかじっていました。


とある縁で知り合った廃棄業者さんからお聞きしたんですが、だいたい既存のホテルチェーンさんなどは、

@NHKに直接支払っている(ただしまともにではなく、稼働率などを考慮し交渉の上多少減額してもらっている?)

Aホテル協会や旅館組合等の組織を通じて支払っている

B支払っていない

のいずれかに当てはまるんだそうです。


Aはちょっと不思議な感じですが、

・そういった団体がNHKから受信料徴収業務の委託を受け、通常の受信料の50%をNHKに納めている。

・さらに団体からホテルへ10数%程度の補助が出るため、ホテル側の負担は通常の受信料の30%強。

てなことになっているんだそうです。


それにしても、一般家庭と違って「設置場所=部屋毎に契約が発生」するホテルの負担は非常に大きいものとなります。

東横インさんなどは年間2.4億円を支払っているとか。
https://www.toyoko-inn.com/infon/infonlist116.html


これって確実に客室単価に転嫁されているはずなんですよね。

一泊に換算すると微々たるものと言えなくもないですが…



ところで、「じゃあテレビをたくさん置いている電器店はどのぐらいNHKの受信料を支払っているのか?」という疑問、湧いてきますよね。

これ、正解は0円なんだそうです。


放送法によると、

第64条(旧第32条) 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。


ということで、「放送の受信を目的としない受信設備」は受信契約の対象外、受信料を支払う必要はないとのことです。

総務省も、
例えば、電波監視用の受信設備、あるいは受信画質の確認を行うための設備、あるいは、それと同様でございますが、電器店の店頭に陳列されているものもいわば画質確認を行うものと考えられますので、そういった受信設備がこれに該当するものでございまして、個人の意思に係らしめているものではないというふうに解釈しております。
(平成19年3月22日 衆・総務委員会)

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/kohei_futan/pdf/070601_2_si4.pdf

と言っています。


これを逆手に取り、

「ホテルの客室のテレビに全て値札を貼り、お求めのお客様にテレビを販売するようにすれば、客室のテレビは電器店のそれと同じ扱いだ。

 あくまで『画質確認』のために客室に置いてある、というのはどうか?」

というのはどうか?とネット上で提案している方もいらっしゃいました。

面白いアイデアですね!

実際には……ですが。


にしても、この件、続報が気になります。


========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/
========================================
posted by 株式会社スコーレ 山本 at 19:13| 大阪 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする