2015年07月13日

朝、すっきり目覚めてますか?

ご覧頂きありがとうございます。
株式会社スコーレ 電脳関連担当 山本と申します。


先日、愛用していた携帯電話を壊してしまいました…

7年前に入手した、いわゆるガラケーです。

7年前のものなんですが、今のものより全然薄くて、おそらくその機種以上に薄い携帯は世の中にないんじゃないかと思います。


薄いせいで壊れやすいんですよ。


実はその機種を壊してしまったのは今回で4回目になります。



最初は、入手して半年ぐらい。

いつもスラックスの尻ポケットに携帯を入れていたんですが、しゃがんだり座ったり、日常のいろんなシーンで携帯に必要以上の負荷をかけてしまっていました。


その結果、携帯がしょっちゅう勝手に再起動するようになって。

それがあまりに頻繁になりすぎて不便だったので携帯ショップに持っていったら、あっさりと無償交換してもらえました。

「この機種、薄すぎてよくこの症状出るんですよ。」

と、ショップ店員さん。


設計ミス…(ボソリ



その後も、落として踏んでしまったり、急に勝手に再起動するようになったり…

で、今回で4回目。


さすがにもうとっくに生産中止になっている機種なんですが…オークションって便利ですね。

今日、オークションで同じ機種を落札しました!

嬉しい…


気に入っている機種なので、できる限り同じものを使い続けたいと思っています。





さて、こんなふうにいいことがあった日の翌日なんかもそうですが、朝の目覚めはすっきりしていることにこしたことはありません。

目覚めさえすっきりしていれば、多少睡眠時間が短くても、「寝た!」感があって1日を元気に過ごすことができます。


かく言う山本は睡眠時間が極度に短く、慢性的な睡眠不足です。

過去に「ナポレオン並み」と言われたことがあるほど短い睡眠時間で生きています。

※ナポレオン・ボナパルト(18〜19世紀フランスの軍人・政治家・皇帝)は、その1日の睡眠時間が3時間程度だったと言われています。


なので、いかに深く睡眠をとるか?いかにすっきり目覚めるか?を日夜研究していたりします。



朝、すっきり目覚めることを目指す前に、一度「なぜすっきり目覚められないのか?」を考えてみます。


深い眠りから無理やり目覚めようとするとなかなか目が覚めなくてすっきりしないとか、もちろんいろんな理由があるんですが、「代謝が落ちていて体内の水分の循環がよくない」こともすっきり目覚められない理由の1つに挙げられます。


単純に、運動不足なんですよね。


運動が不足していると、ちょっと歩いただけでも手足がむくんだりします。

代謝が落ちて、体内の水分の循環が悪くなっている証拠。

と、わかっていても、なかなか運動不足を解消するのは難しいものです。



では、運動不足解消以外で朝すっきり目覚める方法は?

これがまた、いろいろあったりします。


詳しくは、また…



明日は大阪を離れ、一路東京に行ってきます。



========================================
インターネットショップを開設しています!

枕をはじめ、心身の美と健康に役立つ様々な商品を取り扱い!
(クレジット・後払い・振込)
http://sckole.com/

ホテル関連商品専門ショップ
http://sckole.stores.jp/

スイミング用品専門ショップ
https://sckolesports.stores.jp/
========================================


posted by 株式会社スコーレ at 23:05| 大阪 ☁| Comment(0) | 睡眠研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。